• 土. 9月 25th, 2021

陰謀論ではありません

世間一般で言われる「陰謀論」の情報?

Home

最近、良く耳にする「国際金融資本」。

これは、読んで字のごとくではあるが、最近では誰もが知っているロスチャイルド(Rothchild)、ロックフェラー(Rockefeller)、ジョン・ピアポント・モルガン(JP Morgan)。この3人は代表格だが、その他、ジョージソロスも有名。

この国際金融資本の方々はビルダー会議に参加されるような金持ちのエリート集団。おおよそ金融を動かしているような、銀行家の方々は、国際金融資本と言われる方々だと推察します。

この方々達がイルミナティと仰せの方々も多くいます。イルミナティはやや宗教染みていて、オカルトの意味が濃いですが。。

ゴールドスミスから信用創造。

信用創造については、ずいぶん知られてきているので、敢えてこのブログでは細かいところは説明はしません。

その信用創造をうまく利用して稼ぎまくったこの国際金融資本家の代表格の手先達が、JPモルガン。

かの有名なジキル島で1910年から秘密会議を開き、

ついに1913年の12月23日、ロスチイルド、ロックフェラー、JPモルガンの手先達がFRB(連邦準備制度)をクリスマス休暇中であった議員をよそに勝手に設立。

2012年に出ていたYoutubeのビデオがわかりやすく出ていましたので、良ければ御覧ください。

この中央銀行システム。

中産階級はいつでもすぐに貧困層に落ちやすく、不安定。

彼らは、税金と言うシステムで誰からもお金を吸い取っている方法を知っています。

お金を作り、お金を貸し、バブル経済を起こし、経済危機や恐慌を起こし、我々の資産を容赦なく、持って行く。

FRBだけではない、BIS(国際決済銀行)、IMF(国際通貨基金)。
IMFは、日本の財務省と非常に関係があり、財務省からIMFに出向している方々が何人もいると言う話を聞きます。

このIMFが何故か日本の消費税を2030年までに15%まで上げろと。。。

一体、やつらは、何者なんでしょう?

日本の経済悪化の一途なのに、こんなことを提言してくる。

要するにどんどん吸い上げて、

世界統一政府(New World Order)の準備に取り掛かりたいのでしょうか?

CONCEPT

大手メディアはフェイクニュースが多すぎるのでしょうか?

実際と違う話なっていることが多いようです。

ただ、ネット上で溢れかえっている情報もフェイクが多いようで、真の情報を取り入れることが難しい状況は事実です。

できるだけ先入観無しに世界で日本で本当に起こっている真実に近い情報をこのブログでお伝えしていこうと思います。

間違っている情報があるかもしれません。

どんな情報でもそうですが、鵜呑みせず、このブログで書かれていることも同様です。ご自身で判断をお願いします。

私が考えるに、より多くの幅広い情報を取得するのが好ましいのかもしれません。

その上でどう考えて判断するかだと思います。

しかし根拠の無い情報もたくさん出ていますので、しっかり見極めなければと私自身も思います。

私の知り合いや友人は(本来、類は友を呼ぶはずなんですが・・・)陰謀論だとバカにしてまず話を聞こうとする人は、あまりいません。

せめて話だけでも聞いて、そのうえで判断してくれると嬉しいのですが。。。

このブログを見つけてくださった方は少なくとも「あれ?何だかおかしくない?」と気付いている人達だと思います。

私もずーっと前から「おかしくない?」と思うことは多々あり、今でも何だかおかしいなぁと思っています。

その「おかしいなぁ」と思っていることを吐き出したくて、2020年5月24日よりブログを書き始めました。

仕事の関係で毎日の更新は難しいのですが、このブログを書いて1年になります。

今後とも続けてまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

過去のブログを御覧になりたい方は下記のURLでご覧いただけます。

https://editorial-plott.hatenablog.com/