• 水. 10月 27th, 2021

陰謀論ではありません

世間一般で言われる「陰謀論」の情報?

本日、6月7日。

6月3日にアンソニー・ファウチについて書きました。

そのアンソニー・ファウチとズブズブ関係だったピーター・ダザックは、私のブログでもそしてネット上でも騒がれていますので、もうご存じだと思います。

そのピーター・ダザック。色々叩けば色々出てきそうですね。

私は以前にフェイスブックから警告、削除と受けたことがあります。

このピーター・ダザック、WHOの国際調査団のメンバーのみならずフェイスブックのファクトチェッカーだったとは。

何をやってるんですかね。。。

本当に茶番劇も甚だしい。

ただ先月末のニュースでフェイスブックの新型コロナ人工説の投稿を容認する方向になったそうなので、今までのように削除や警告、アカウント停止はやめていただきたいです。

この新型コロナだけの問題だけでなく、他の件も然り。

未だにワクチンのことなんて書いて投稿したら、必ず警告メッセージもくっ付いてくるわけで。

人工説の投稿だけ容認されたとしても意味のわからない検閲は続くわけで。

このピーター・ダザックはファクトチェッカーはもうやめたようですが、

ダザック以外に誰がファクトチェッカーがいるのでしょうか?

是非公開していただきたいものだと思い、英語のサイトで探してみました。

ありました!リストを見つけました。 え!?

以下訳文です。

1.Afia Asantewaa Asare-Kyei: 西アフリカのソロスのオープン ソサエティ財団のプログラム マネージャー。

2.Evelyn Aswad (オクラホマ大学): 米国法学教授。ソロスのオープン ソサエティ財団と提携しているナイト財団からの助成金の受領者。

3.Endy Bayuni: Jakarta Post の編集者。ジャカルタの紛争政策分析研究所の理事会で、以前はソロスが設立したグループで働いていた「ジョージ・ソロス訪問実践者委員長」が率いる。

4. Catalina Botero-Marino (共同議長): ソロスのオープン ソサエティ財団から 2 年間で 130 万ドルを受け取ったコロンビアのロー スクールの学部長。ソロスのオープン ソサエティ財団によって一部資金提供されている、インターアメリカン ダイアログの専門家パネルのメンバーを務めている。

5. Katherine Chen: ジャーナリスト。ドナルド・トランプを批判し、バラク・オバマを支持する内容をリツイートすることがよくある。

6. Nighat Dad: ソロスのオープン・ソサエティ財団から資金を受け取っているデジタル・ライツ・ファウンデーションの創設者兼事務局長。 .ソロスが資金提供したデンジャラススピーチプロジェクトの理事を務める。ソロスのオープン ソサエティ財団から一部資金提供を受けている。

7. Jamal Greene: (共同議長): コロンビア大学ロースクールの教授。 (ソロス家と財団は、コロンビアの資金提供者であり、コロンビアのパートナーとしてよく知られている。)

8. Pamela Karlan: スタンフォード大学法学部教授。ソロスのメンバーは、米国憲法を「進歩的」な視点で捉える米国憲法協会を設立し、資金を提供しました。ヒラリー・クリントンやエリザベス・ウォーレンを含む民主党候補者のトランプ弾劾を支持し、それに貢献してきた。

9. Tawakkol Karman: 彼女の組織「Women Journalists Without Chains」は、ソロスのオープン ソサエティ財団から資金を受け取っています。彼女は、ソロスのグループから資金を受け取っているトランスペアレンシー インターナショナルの諮問委員会のメンバーでもある。

10. Maina Kiai:  ヒューマン・ライツ・ウォッチのアライアンス・アンド・パートナーシップ・イニシアチブのディレクターで、オープン・ソサエティ財団から1億ドルを受け取った.彼女は、2 年間でソロスから 615,000 ドルを受け取ったケニア人権委員会の創設リーダーだった。

11. Sudhir Krishnaswamy: ロースクールの副学長。法と政策研究のための進歩的な非営利センターの共同設立者。ソロスが資金提供する生殖の権利センター、およびレズビアンの権利グループのアストレア。オープン ソサエティ財団から助成金を受けた。

12. Ronaldo Lemos: ソロスが支援する技術社会研究所の共同創設者。 Open Society が資金提供する Mozilla Foundation の理事を務めています。ソロスが資金提供するアクセス・ナウの取締役会メンバーだった。

13. Michael McConnell : (共同議長): スタンフォード大学法学部教授。ソロス・オープン・ソサエティ財団が資金を提供するアメリカ憲法協会によって資金提供された、憲法法センターの所長。

14. Julie Owono : (スタンフォード大学、ハーバード大学): Internet Sans Frontieres の責任者であり、ソロスが資金を提供する Global Network Initiative のメンバー。

15. Emi Palmor:  元イスラエル司法省長官。

16.   Alan Rusbridger: ガーディアンの元編集長。ジャーナリストを保護するためのオープン ソサエティ財団が資金提供する委員会の委員。

17. Andas Sajo :  教授。ソロスの中央ヨーロッパ大学の創設者の一人。以前は、ニューヨークのソロスのオープン ソサエティ ジャスティス イニシアチブに参加していた。

18. John Samples:  ソロスのオープン・ソサエティ財団によって部分的に資金提供されているウッドロー・ウィルソン・センターの所長であった元下院議員リー・ハミルトン (D) によって設立された、リバタリアン・カトー研究所の代表政府センターの創設者。

19. Nicolas Suzor:  クイーンズランド工科大学の法学教授であり、ソロスのオープン ソサエティ財団と共同でプロジェクトに資金を提供していた。

20. Helle Thorning-Schmidt (共同議長): 民主主義の「再考」を提唱するデンマークの社会主義者の元首相。オープン ソサエティ財団が資金を提供するヨーロッパ外交関係委員会の理事。ジョージ ソロスとアレクサンダー ソロスが役員を務める、オープン ソサエティ財団が資金提供する国際危機グループの評議員。オープン・ソサエティ財団が資金提供するアトランティック・カウンシルの諮問委員会メンバー。アトランティック カウンシルの国際諮問委員会のメンバーでもあり、オープン ソサエティ財団が資金提供するグローバル開発センターから約 325,000 ドルを受け取っている。

何故か「ソロス」と関係している人ばかりの名前が連なっているではないですか!

この記事は「DAWGONNIT-DAWG’S BLOG」のブログ、2020年9月4日「THE LIST OF FACEBOOK FACT-CHECKERS BOARD」のブログに記載されていました。

現在もファクトチェッカーをやっているかどうかは、定かではありません。