• 水. 10月 27th, 2021

陰謀論ではありません

世間一般で言われる「陰謀論」の情報?

EUでのワクチンパスポート事情

https://www.bbc.com/news/explainers-57665765

EUでは既にワクチンパスポートがあり、27加盟国では既に展開されいてるそうです。

EU全体の市民がどんな時にこのワクチンパスポートを使用するのか、BBCの報道によりますと以下の通りです。

ここからは訳文です。このニュースはイギリス人向けに報道されていますのであまり関係ない部分は一部割愛しております。

  • Covid-19に対するワクチン接種を受けたかどうか
  • 最近のPCRテストが陰性かどうか
  • 最近の新型コロナからの回復状況

これは、27のEU加盟国全てに加えて、スイス、アイスランド、ノルウェー、リヒテンシュタインで利用可能で承認されているそうです。

このコロナワクチンパスポートは無料です。

全てのEU市民、および合法的な加盟国に滞在または居住している(他の加盟国に旅行する権利を持つ)非EU国民は、それをダウンロードするか、紙のコピーを入手できます。

一部の国では既に自主的に証明書を使用していますが、7月1日に6週間の段階的導入期間で正式に導入されました。

個人のワクチン情報が保存されている場所(病院、テストセンター、保険当局など)にお灸のデジタル署名キーを備えたQRコードが含まれます。

個人のデータは証明書に残り、検証時に保存または保持されません。例えば空港です。

何故それが必要なのか?

この証明書により、人々がEU内を移動しやすくなることを期待されています。

これは渡航するための証明書ではありません。パスポートまたは別の形式の身分証を携帯する必要があります。

しかしこの証明書を持っている人は、原則として国境を超える再の件さや検閲を免除されるべきです。

以下非常に長いので、一部割愛します。

誰がどのワクチンを接種するかは需要ですか?

4つのワクチンがEU連合では承認されています。

  • ファイザー
  • アストラゼネカ
  • モデルナ
  • ヤンセン

しかしインドの「セラムインスティチュート」によって製造されたAZワクチンはヨーロッパで作られたものと同じですが、EUはそれらの使用を許可していません。

まだまだ長いのでここで割愛します。

今、日本でもワクチン開発されており、今後は制サイン体制の整備に取り組んでいるそうです。

以下、厚生労働省が発表している国内製薬会社のワクチン開発状況です。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00223.html