• 水. 10月 27th, 2021

陰謀論ではありません

世間一般で言われる「陰謀論」の情報?

mRNAワクチンの開発者アカウント停止される

本日、2021年7月9日です。

またとんでもないニュースが飛び込んできました。

このほどLinkdin(アメリカのSNS)がmRNAワクチンの生みの親であるロバート・マローン博士のアカウントを停止したそうです。

ロバート・マローン博士は常々「子供たちにmRNAワクチンは危険」と警鐘を鳴らしていたそうです。

Linkdin は博士が誤った情報を流したと言うことでアカウント停止にしたそうです。

どうなってるのでしょうか? 彼は開発者だから一番良く知っているのに。

しかしその後は復活しているそうです。

正確な情報がなかなかないのですが、上記の情報がありましたので、共有しておきます。

以下訳文です。

ロバート・マローン博士の完全な削除は、ワクチン詐欺師が真実が出てしまうことを恐れていることを示しています。

彼らは「偽情報」と戦っていると同時に「科学に従っている」と言うでしょう。

彼らは常にCovid-19については、常に「科学に従う」と言います。ロックダウンをして、そして特に「ワクチン」は必要と私たちに言います。

そうですね、ロバート・マローン博士は、mRNAワクチン技術に関しては文字通り科学です。彼はそれを発明しました。

しかし、多くの医師や科学者がグレートリセットの促進とワクチンの普及の促進に加担しているようです。

列に並ぶ代わりに、マローン博士は、あえて発することのできない質問を投げかけています。

彼は、特にCovid-19注射による副作用は関連しているため、なぜデータが抑制されているのか疑問に思っています。彼は、ワクチン注射後に女性の卵巣に「高濃度」で蓄積している脂質ナノ粒子を示す明確なデータの明らかな隠蔽に疑問を投げかけています。

彼は疑惑の科学を見て、なぜそれが非常に科学的な方法で扱われていないのか疑問に思っています。

ロバート・マローン博士がデジタル社会から完全に削除されているため、あまりにも多くのアメリカ人がロバート・マローン博士のことを聞いたことがありません。

彼のウィキペディア、ソーシャルメディア、ビデオ、ポッドキャストは体系的に消滅しています。

彼は、予防接種を希望するかどうかにかかわらず、すべての人に予防接種を行うという彼らの計画の異常を表しており、それが彼を危険なものにしています。

以下、ジョセフ・メルコラ博士が、マローン博士がこれまでに消去されたいくつかの方法について詳しく説明します。それは進行中です。

彼らが別のアウトレット(私たちのような)から彼らのニュースを受け取っているか、彼らがRumbleで彼の動画を見ているのでない限り、オンラインのどこかで彼を見つけるのは難しいです。

リバティデイリーには、後世と参考のためにマローン博士の3つの重要な動画が保存されています。

以下一部省略

2021年6月11日、mRNAワクチン技術の発明者であるロバートマローン博士は、DarkHorseポッドキャストでCOVID-19遺伝子治療注射の潜在的な危険性について話しました。

ポッドキャストはYouTubeからすぐに消去されました。
マローンは、政府がリスクについて透明性を欠いていること、そして人々が生命倫理法に違反するこれらの実験的注射を強制されていることを懸念しています。


彼は、リスクが子供、10代、若年成人の利益を上回り、自然のSARS-CoV-2感染から回復した人は注射を受けてはならないと信じています。


DarkHorseポッドキャスト出演から5日後、マローンの科学的成果と貢献はウィキペディアから削除されました。


つい最近、2021年6月14日、マローンの貢献は、RNAワクチンのウィキペディアページの歴史的セクションに広く含まれていました。

6月16日、彼の名前は削除され、彼の業績は、ソーク研究所、カリフォルニア大学、ウィスコンシン大学の無名の研究者によるものでした。